自己破産は法律のプロに相談しよう

任意売却なら引っ越さなくてもOK?

任意売却を行った後でも、自分の家に住み続けることができる方法があります。 では、どうすれば、任意売却を行った後でも、売却した自分の家に住み続けることができるのでしょうか?

競売の場合であれば、このようなことは100%近く望むことはできません。 ローンを抱えているほとんどの債務者は、このようなことを知らないのです。

この任意売却を行った後でも自分の家に住み続けることができる仕組みは、簡単には次のようなものです。 例えば、親戚や親兄弟、または親切な投資家などに買ってもらって、借家というスタイルで家賃を払って、任意売却を行った後もそのまま住むという仕組みです。

このような仕組みを「リースバック」と呼んでいますが、からくりや詐欺ということではありません。

一方、競売の場合であれば、債務者が買い取りする人と交渉したりすることはできません。 そのため、自分の家に住み続けることができる可能性はほとんどないと言っていいでしょう。