自己破産は法律のプロに相談しよう

一体任意売却とはどのようなものか?

一体任意売却というのはどのようなものでしょうか? 任意売却について法的に定義されたようなものはありません。

しかしながら、一般的にはローンを支払う人が滞納した場合、債権者の了解を得て、競売などによらなくて売ることをいいます。 一般の不動産売却においては、買主に対して売主は、差し押さえ、抵当権などの債権の抹消を行って買主に引き渡す必要があります。

しかしながら、売却した代金を残債務が超過しており、売主が経済的に余力がない場合には抵当権を抹消することができないので取引が成り立ちません。

そのような場合には、不動産の抵当権等を外してもらって債権者の了解を得て買主に引き渡します。 任意売却と一般的の不動産の売却との違いは、売買代金で債権額が決済できるかどうか、債権者の了解を得るだけで、基本的には同じようなものです。

時間を無駄に使うことなく、さらに無駄な費用、手間をかけないで、債務者、債権者お互いのメリットが多いため、積極的に任意売却は進めるべきでしょう。