自己破産は法律のプロに相談しよう

親切が仇になった過払い金請求

私の弟は、若い時からクレジットカードのリボ払いが膨らんで、消費者金融にも手を出した経験があります。洋服店に勤めていた本人の話では、店の売上が悪い時には自分で購入したのがきっかけということでした。

理由は何であれ、返済はしていかねばなりません。返済できない時には、実家にいた私にも何度も借金の連絡がありました。その後、完済の手助けもしました。

やがて、弟は「うつ病」ということで、仕事も長続きせず、離婚して実家に帰ってきました。その時に、2度目の完済を手伝いました。ところが、その後もクレジットカードの使用を続け、リボ払い、カードローンの借入れ、消費者金融へという悪の循環は繰り返されていたのです。

人の勧めもあって、「もう2度と金銭的には援助しない」という意思を持って、弟を弁護士事務所に連れて行きました。その結果、私が2度の完済にかかわったことで、過払い金の請求はできなかったのです。

それでも任意整理をしてもらったことで、借金の催促に追われることなく、弟は安定して仕事に通っています。もう当分カードを使用する心配も無いようなので、もっと早い時期に相談しておけば良かったと思いました。