自己破産は法律のプロに相談しよう

自己破産と保証人の関係について

保証人を設定している借金を持っている場合に自己破産手続きを行った際には、保証人が借金を一括で支払う義務が生じる場合が原則になります。

自己破産は債務者の借金支払い義務を免除する手続きであり、保証人の借金支払い義務は免除されていない為です。 債務者が自己破産を行った時、保証人が取る行動は三種類に大別されます。
一つは保証人が債権者と交渉した上で借金の分割返済を行う事です。
一つは債務整理による借金の整理及び返済です。
一つは保証人も自己破産する事です。

保証人には責任が生じる為、保証人になる場合には熟慮する事が必要です。 又、債務者が保証人に連絡を行わずに自己破産の手続きを進めた場合には、何も知らない保証人に対して突然に返済請求が行われる事になる為、自己破産の手続きを行う前に必ず債務者は保証人へ連絡を行う事が大切です。

又、保証人への連絡と同時に法律の専門家へもアプローチする事によって、債務者と保証人の双方が出来る限りダメージが軽減する手段を検討する事が出来ます。 つまり、自己破産の手続きを進める際には専門家の意見を参考にする事が大切です。