自己破産は法律のプロに相談しよう

任意売却の債務者側メリット

任意売却でローン残債務を整理すると、債権者側だけでなく債務者側にも大きなメリットがあります。今回は、任意売却でローン残債務を整理した時の債務者側のメリットについて解説します。

債務者側のメリットとしては、不動産部権を競売にかけて売却するよりも競売ローン残高を大きく減らせる点と、ローン返済が不可能になったことによる社会的信用の失墜を避けられる点が挙げられます。

競売で売却するよりも任意売却の方が高額で売却できるので、債務者のローン残高の減額につながります。交渉によっては売却に伴う引越し費用や、月々の返済額の減額が認められる可能性もあります。

自宅が競売にかけられると、ブラックリストに掲載されたり、職場で噂になるなど社会的な信用が落ちてしまう可能性がありますが、任意売却は通常の不動産取引と同様の手続きで売却されるので、周囲のローンの遅延が周囲にばれる心配がいらず、社会的な信用の失墜を回避することが可能です。

» 任意売却の費用は?