自己破産は法律のプロに相談しよう

任意売却って何?

任意売却という言葉は聞きなれないという方もいらっしゃるかも知れませんね。 任意売却とは、融資の返済が難しくなったときに取る手段の1つです。 具体的にはローンなどの融資を受けている側と融資をしている金融機関側の両方が合意をして、不動産を手放す手続きのことになります。

住宅、土地などの不動産を購入するときには、殆どの場合、融資を受けると思います。 このとき貸した側は返済してもらうためにも、担保として購入した不動産に抵当権を設定するのが普通です。 この抵当権が融資した銀行などに設定されている状態では、その不動産は売却できません。 抵当権を解除(登記の抹消)をしてもらうことが必要なのです。

普通、これを解除してもらうには融資金を全額返済することが必要です。 ただ、返済が必要な残りの金額よりも高く売れれば良いのですが、それより低い金額でしか売れないと返済が完了しません。

こういうケースのとき、融資元である銀行などの合意をもらってその不動産を売り、返済しきれなかった金額に関しては、返済債務を残したままで抵当権などを解除してもらうという手もあります。これが任意売却なのです。