自己破産は法律のプロに相談しよう

住宅ローンを払えなくなったら任意売却

ご家族が増えたりするなどをきっかけに、マイホームを購入する方は多いと思いますが、突然、住宅ローンが払えなくなることも、この不景気な世の中ですので、あるのではないかと思います。会社が倒産したり、突然会社を解雇されたりと、理由は様々かもしれません。

住宅ローンが払えなくなった時に、一番有効な手立てとして、任意売却があるでしょう。マイホームは手放すことになってしまいますが、最悪、売買交渉によっては、ローン残高を上回って売却することができれば、残っていたローンを全て支払うことができることもあるでしょう。

また、住宅ローンが払えなく滞納してしまうことが続くと、強制的に競売にかけられてしまいます。競売の場合は、かなり低い価格で売却されてしまいますので、競売にかけられる前に、すみやかに任意売却することで、競売よりはるかに高い価格で売却できるでしょう。

競売でマイホームが売られてしまうというイメージは、あまりいいものではありません。マイホームを競売で手放すことになってしまった時の、ご自身やご家族の精神的苦痛は計り知れないものがあるでしょう。住宅ローンを滞納し始めて3ヶ月から6ヶ月のタイミングで、任意売却手続をすることで、競売を避けることができます。マイホームを手放す決断は、時間がかかり苦渋の選択だとは思いますが、できる限りこの期間を逃さないことが大切です。

任意売却は、競売の場合と比べて、債権者との話し合いや購入希望者との手続きなど、様々な手続を自分でしなければなりません。マイホームを手放さなくてはならなくなったことだけで、いっぱいいっぱいの心情だと思いますので、まずは信頼できる弁護士や司法書士の方に相談することが大切です。