自己破産は法律のプロに相談しよう

自己破産に必要となる書類について

自己破産の手続きを進める為には、現状を明らかにする為に書類の提出が必要です。 書類の作成は法律の専門家に依頼する場合と自身が準備する場合があります。

提出書類の一つは、自己破産の申し立てに関する必要書類です。 申立書や住民票及び報告書(あるいは陳述書)と、債権者の一覧表や資産目録及び家計全体の状況を把握する事が出来る書類等が必要です。

又、法律の専門家に自己破産処理を委託する場合には、委任状も必要になります。 次に、借金の状況及び収入や財産を記載している書類を用意する事が大切です。 給与を受け取っている場合には源泉徴収票や給与明細書、退職している場合には離職票あるいは退職金支給額証明書、年金や生活保護等を受給している場合には各種の受給証明書が必要です。

又、固定資産を所有している場合には固定資産評価証明書が必要になります。 そして預貯金を知る為に通帳のコピーが必要です。 ちなみに必要となる書類は公的機関や状況によって異なる場合があります。

準備を行う前に公的機関の担当部署や法律の専門家へ問い合わせる事が望ましいです。