自己破産は法律のプロに相談しよう

自己破産によるメリット・デメリットとは

自己破産、それは債務が溜まりに溜まってしまい、返済が不可能に鳴ってしまった人の最後の手段です。

自己破産をすると精神的にかなり楽になることが第一に挙げられます。なんといってもその時点で借金が帳消しになるのですから。取立てにも怯えることなく、借金のことを常に考えなくても良い生活はとても晴れやかなものになるでしょう。

ただし、自己破産をすることによるデメリットももちろんあります。具体的には5年以上、クレジットカードを作ることができない、また20万円以上の預貯金ができない、99万円以上の現金が持てない、家を持つことができない、車も持つことができないということが挙げられます。しかも金融機関への信用情報にもしっかり載ることになるので、数年間は何もできなくなります。

メリットもありますが、それ以上に社会的なデメリットもあるのが自己破産です。あくまで自力でお金を返す手段を考え、最終的にこういった手段に頼らないようにする生活が大事なのです。